土地探し3

土地探し3

セルフビルドに理想的な土地の第三条件は「隣家からの距離がある程度離れ、十分な広さが確保されていること」。

これは我が家の土地探しでも気を使った部分。どう考えても、自分の家のすぐ隣で「素人が巨大な建造物を作る」って状況は嫌に決まっている。

実際のところ、私の場合、建坪34坪の母屋で工事期間は6年。間口9m、車二台分+倉庫のガレージで4ヶ月。幅13mの屋根付きウッドデッキで同じく4ヶ月かかっている。作業に不慣れで試行錯誤が多く、本業の仕事もある身では当然、工事にかかる時間は長くなるのだ。

建築工事は、結構うるさいし、粉塵も出る。おまけに素人工事なので、見ている方が不安になるようなこともある。そんなわけで、家や小屋を自分で建てたいと思う人は、なるべく近隣の人たちに迷惑にならないスペースを確保できるよに気をつけた方が良いと思う。

もう一つ言えば、土地探し2でも書いたが、建築資材は一度に大量発注した方が格段に安く手に入る。その置き場を確保する意味でも、少しでも広めの空間を確保するよう考えた方が良いだろう。

作業が始まるまではどうしても

家が建つ場所>(なぜか忘れている壁)>材木などの加工をする場所>>(越えられない壁)>>休憩スペース>>材料と工具の保管場所

頭の中の優先順位はこんな感じになっている。この状態で作業が始まると、わずかなスペースに資材が山積みになり、材木を切るときも昼メシを食いたいときも、雑多な工具と資材を片付けてからってことになり、時間と気力のロスが半端なく勿体無いことに気づく。セルフビルドを始める前に、ぜひこのことも検討材料に加えて欲しい。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。